ウォーキング時の服装と安全に歩くために必要なもの

生活・健康

ウォーキングはダイエットやメタボリック対策などのために有効な方法です。ウォーキング時の服装は普段着の人もいますし専用のウォーキンググッツなどで固めている人もいます。

ウォーキング時の服装は人それぞれですね。夏であればTシャツにハーフパンツ、帽子、首にはタオルを巻いて、冬なら上下ジャージかウインドブレーカーを着て歩く人が多いのではないでしょうか。

吸汗性、通気性があるTシャツやジャージで十分だと思います。しかし、ウォーキングを日課にしている人は、専用のウォーキンググッズを身に着けている人も見かけますね。歩きらすいように人間の動きを研究し、さまざまな工夫のあるウォーキング専用のウエアも発売されています。

その中でも、下半身の動きに対応したタイツやパンツが人気のようです。保温性や吸質性、速乾性に優れており、サポート力も抜群、歩く人の血流を促進する効果も期待できます。それは、筋肉疲労の軽減やけがの予防にもつながるんですね。

また、女性向けに開発された「骨盤引き締め」効果があるウォーキングパンツも発売されています。メッシュ素材サポーターで通気性を確保しつつ、下腹部と骨盤を引き締めてくれる、まさに女性にうれしい機能があります。

見た目も大切と考える女性には、カバースカートがついてお尻をさりげなく隠してくれるものもおしゃれでいいですね。ネットや、通販でもウォーキンググッズが多く販売されていますが、パンツは履き心地と、丈をきちんと確認してから購入する方が安心ですね。

快適ウォーキング!靴擦れを予防する方法

ウォーキングのときに、靴擦れの予防ができたり便利なのが絆創膏です。怪我をすることが多い子供のいない家庭でも、絆創膏は家に必ずあると思います。この絆創膏も大切なウォーキンググッズのひとつなんです。ウォーキングに限らず、いろいろなスポーツでも、新しくシューズを買い換えたり、がんばり過ぎると、靴擦れになってしまいますよね。

歩いている途中で靴擦れになることは多いですが、痛みのある足をかばう歩き方になってしまうため、ほかの筋肉を傷めてしまうことにも繋がります。そうなってしまわないように、絆創膏を早めに貼りましょう。応急処置ですがとりあえず、痛い部分に絆創膏を貼っておけば、ちゃんとしたフォームで歩くことができるでしょう。

また、絆創膏は靴擦れができた後だけでなく、委託ならないように始めから貼っておくと靴擦れ予防にもなります。この靴は前に履いたときに靴擦れになった…という時には、靴側にも絆創膏を貼ることがあります。変な方法ですが、なかなか効果があるんですよ。

ウォーキング時だけでなく、靴を履くときに思い出して、、、でももうストッキングを履いている!時間もない!というときにも重宝します。絆創膏は、靴擦れ予防の専用のものも売っていますが、家にある傷用絆創膏で十分だと思います。靴擦れを予防して快適にウォーキングしましょう!もちろん、靴擦れにならないような自分にあったウォーキング・シューズを履くのが一番なんですけどね!

タイトルとURLをコピーしました