もぐさでほくろ除去できるという噂

雑学・その他

ほくろを皮膚科で除去するレーザー手術などをする人が増加しています。手術以外のほくろ鳥の方法としてもぐさを使う昔ながらの方法が注目を集めています。ホクロはその大きさや個数によってはとても気になりますね。特に顔などのぱっと見えるところにあるのはとても気になってしまいます。 ほくろ取りの方法は、そのほくろが身体のどこにあるのか、その大きさによっても異なってきます。

ハイドロキノンという美白成分を使えば”茶色いほくろ”なら白くできるかもって。真っ黒なのとか盛り上がっているものはNGだそうですが。参照:ハイドロキノンでほくろも消すことができるの?

ほくろ取りの主な方法はやはり、手術が主流のようです。 その方法も、電気メスで除去したり、ほくろを切除し縫う切除縫合法などいろいろありますが、手術するのって怖いですよね。 最近は、もぐさでほくろを取るのが人気になっているようですね。 もぐさはお灸をするときに使うふんわりとした薬草です。

もぐさといえば、子供のかんの虫に効くからと、背中にお灸をすえたり、肩こりなどのために行うことが多いです。 しかし、最近では、肌に後が残るとかでもぐさを使ったお灸はあまり見なくなりました。 とても、効果的な方法なのに、残念に思います。とは、いっても、私が子供時にお灸をすえられた時は 痛くてイヤでしたけどもね。 このいろいろなことに効果抜群のもぐさを使ったホクロ取りは、自宅でできる方法です。

ただ、背中などにあるほくろを取りたいなら、1人ではできないので誰かに手伝ってもらわないといけませんね。 ほくろ取りで使うもぐさは、普通のもぐさではなく、ホクロを取る専用のものを使いましょう。 普通のもぐさはヨモギから作られているのです(日本昔話でもこのヨモギのお話がありましたね。)が、ほくろ取り用のもぐさは 特別な薬草からつくられているそうです。

ほくろにお灸をすえると1週間~2週間でぽろっと剥がれてくるといいます。 しかし、ほくろの種類では取れないものもあるそうです。そして、ほくろでも輪郭のはっきりしていないものや、丸い形ではない歪んだ形のものは、皮膚科で相談したほうがいいと思います。 これは、ほくろではなく、メラノーマである可能性もあるからです。 その場合は、自分であれこれと刺激しない方がいいですよ。

ほくろで占い、人相もあるけど

ほくろは、占い、人相などでも活用されてきました。口元にホクロがあると食べ物に困らないとかいわれていますよね。 あなたの気にしている切除したいと思っているホクロはいいホクロかもしれませんよ。 そこで、ほくろのある場所とそのいわれを紹介しておきます。

おでこの真中にあるほくろは、とても個性が強いので、自滅してしまうか、大出世してセレブライフを送れるかという 大きく2つに分かれます。いいのか悪いのか分らないほくろですね。有名人では千昌夫さんがいますが、このほくろを取ってしまいましたね。 おでこの端にあるほくろの場合は、お金をどんどん使ってしまう散財の可能性があります。注意が必要ですね。

目がしらにほくろがあると、異性問題でトラブルを抱えそうです。 泣きぼくろといわれる、目の下のほくろは子供のことで苦労が耐えないことが多いそうです。 また、男性の場合は、節操ないタイプの人が多いといいます。 鼻のよこにほくろがあるなら、なにごとにも騙されやすい人が多いようです。 口の少し上の横にあるほくろは、色気ぼくろといわれます。モテモテかもしれませんね。

しかし、ストレスに弱く病弱なようですね。 あごの真ん中にほくろがある人は、引越しをよぎなくされるか、自分自身が引越しが好きな人がおおいそうです。 一つの所に定住できないというあちこちに引越しするタイプです。活きぼくろの場合は、ふりかかる災難を上手くまぬがれることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました