スポンサーリンク

美人だけえこひいきする上司にうんざり!平等な職場にする4つの対処法

ウザイ上司の対処法

掃除など雑用を免除してやったり、飲み会の際には特別に奢ったり、ミスしても怒らなかったりと美人だけえこひいきする上司いますよね。しかも、そのしわ寄せは他の社員にくるので大迷惑です。

このようなどうしようもない上司がいると部内の雰囲気も最悪に、モチベーションも下がって仕事どころじゃありません。美人だけえこひいきする上司にどう対処していけばいいのか。

美人だけえこひいきする上司と戦う対処法4つ

4つの対処法をご紹介、それぞれのメリットデメリット含めて語りつくします。

やんわり注意では治らない!

まず、美人だけえこひいきする上司はやんわり注意する程度では治らないことを肝に銘じてください。そもそも、自分が贔屓をしているという意識があるかも怪しいものです。

そういう上司は生まれてきて数十年間を容姿で人を判断して生きてきた人です。体に染みついている判断基準を今更簡単に直すことなどできません。

「○○さんだけ特別にしないでください」と訴えても「俺はそんなことをしていない!」と強く否定されることでしょう。

贔屓している、贔屓していないの水掛け論層に陥ってしまい解決はますます困難になってしまいますよ。上司に直接注意したり訴えたりすることは効果が見込めないため、他の方法を考えていきましょう。

えこひいき上司より偉い人に訴える

課長が美人だけをえこひいきするなら部長に、部長がえこひいきをするなら専務に。このようにえこひいきをする上司よりも上の人に被害を訴えましょう。

サラリーマンは組織人間、下からの指摘は聞く耳を持たない人でも上からの指示は従わざるおえませんからね。この時に大切なのは、水掛け論にならぬようにえこひいきをしている証拠を残しておくこと。

職場での上司の美人とそれ以外への社員への態度を録音したり、美人とそれ以外の社員の業務量や雑用の担当量の差をグラフ化して目に見える化するなどの方法です。自分よりも偉い人から怒られると効果てきめん、社内でのポジションに関わるので態度を見直さざる負えないでしょう。

シンプルでわかりやすい方法ですが、平社員が上司を飛び越して上層部に被害を受けてる話を持っていくこと自体が大変です。また、風通しの良くない会社だと上層部が本気で相手にしてくれないこともあり、どこの会社でも使える方法とは言い難いですね。

美人を仲間に巻き込む

えこひいきされてる美人が今の状態に満足しているかというと必ずしもそうではありません。えこひいきしているということは、それだけ美人に対して好意を持たれようと接近しているわけです。

美人の方もいちいち絡まれて迷惑、むしろセクハラになるのではと内心憤っていることも多いのです。ほかの社員(特に女性)からは「美人はいいよな」などといわれてやっかまれる可能性もあります。

そこで、それとなく美人社員に上司のことをどう思っているかをリサーチ。不満を持っているようならこちらに抱き込んでしまいましょう。飲み会を開催して上司への不満をぶちまけ同志にしてしまえば、美人社員の方から上司に対して距離を置くようになるでしょう。

好意を持っていた女性から邪見に扱われることほど男にとって辛いことはないので、上司は落ち込んでえこひいきを含めた美人社員への接近を辞める場合もあります。

ただ、えこひいきを喜んで受けるちゃっかりもの女性もいるのでその場合は使えません。上司に密告されてしまう恐れもあるので、この作戦は慎重に進めてダメそうならすぐ撤退が基本です。

平等制の原則を徹底する

職場でのルールを徹底的に平等にします。

  • お茶出しや掃除のような雑用は当番を決めて全員でやる
  • 飲み会の会費も全員均等割りで平等に負担する
  • 仕事における出張や担当も全員が輪番制でこなす

このように、徹底的に平等主義の職場にしてしまうことでえこひいいきが入る隙を作りません。1人1人の負担は増えるかもしれませんが、少なくとも一部の人間が贔屓されて不満を持つことはなくなります。えこひいいきを締め出すには平等性が一番です。

しかし、仕事上では平等になっても感情が関わる人間関係の部分では全部平等を実現するのは難しい部分もあります。同じ仕事をしていても美人にだけ優しい態度を取り評価も高くし、それ以外の社員には冷たく接する上司の横暴を止めるまでは行きません。平等主義は形式的なものに留まり、内心にまでは踏み込めないという弱点があります。

徹底抗戦を貫く

どうしてもえこひいき上司が許せないなら、徹底的に戦うという姿勢を取り続けるのも一つの手です。先ほども述べたように上司の行動を逐一記録、美人をえこひいいきしている決定的な証拠を集め続けます。

更に、上司から押し付けられた業務や雑用は徹底拒否し、「なぜ私ばかりに押し付けるのか」を記録したデータを基に反論します。場合によっては、「それは平等でないので私はできません」とプチストライキが有効に働く時もあります。

そして、あちらがひいきするならこちらもひいきで対抗しましょう。仕事の報告は上司を飛ばし別の信頼できる上司、同僚に行うのです。徹底抗戦を貫きながらも同僚や会社の上層部を味方につける裏工作を怠らず、えこひいいき上司が気づいた時には周りを敵だらけにしてしまいます。

これで勝負あり、えこひいいきどころかもう上司はあなたに逆らうこともできません。ここまで来たらどちらかが頭を下げるか会社を去るかしか未来はありません。断固たる意志と正義感がある人におすすめしますが、精神的にも肉体的にも戦いでボロボロになるので本当に最後の手段として取っておきましょう。

こちらが動かねば変化はない

以上、美人にだけえこひいきする上司への対処法を紹介しました。美人だけえこひいいきする人は病気みたいなものなので何もしないと悪化するだけです。状況をかえたいならこちらから動くしかありません。

タイトルとURLをコピーしました