看護師になるために必要なこと心構えと目指した理由

看護師になるために必要なことはなんだと思いますか。看護師になるためには専門学校や大学で勉強し、国家試験に合格しなければ看護師になることは出来ません。物理的に看護師になるためには試験に合格することが第一条件です。

しかし、実際看護師として働いていくためには資格を持っているだけでは務まりません。人の命に関わる仕事なので責任はとても重いでしょう。勉強して看護師になった後も絶えず知識を勉強し医療の現場に活かして行く必要があります。

また、そのような知識以外にも人間と人間が関わり合う仕事なのでコミュニケーションを上手にとっていうことも欠かせません。看護師は患者のケアを行うことが仕事の一つでもあります。不安を抱えた人や絶望した人も中に入るかもしれません。

そんな人に生きる活力を少しでも与えていくことが出来るのも看護師です。看護の知識はもちろんですが、そのような人の気持ちにより添う心も看護師になるためには必要になってくるでしょう。また、看護師になるためにかかせないことがもう一つあります。それは体力です。

不規則な勤務時間体系であったり長時間にもなる看護師の仕事は患者のケアを行う上で抱えたり体勢を変えたりするなど体力を要する仕事もあります。体調管理や体力を日頃から気をつけていかないと自分自身が入院することにもなりかねません。

最初から完璧に備えていく必要はありませんが、勉強以外にも人との関わりあいや様々な経験をしておくとその後の看護師として働く上で役に立つことは間違いないでしょう。

これから転職しようと思っている看護師さんはもう一度、初心を思い出してみるのもいいかもしれませんね。こういった機会が看護師としてのスキルアップになることは間違いないでしょうから。

看護師の仕事をするうえで欠かせないこと

看護師をする上で欠かせない能力はいくつかあります。しかし、経験と共に徐々に身についていくものもあるので最初から身につけておく必要はありません。少しずつ理想の看護師を目指していきましょう。

看護師の仕事をする上で、まず欠かせないのはなんといってもコミュニケーション能力です。ひとりひとり患者によって症状も異なれば性格も違ってきます。その人に応じた接し方が求められます。

また、職場内においても看護師という仕事は一人で行えるものではないので周りとのコミュニケーションを上手に図っていきながら協力し合える関係を築いていきましょう。次に様々なことを広い視野で見渡す観察力。

看護師は担当患者のことを医師よりもその家族よりも接している時間が多くなります。少しの変化でも気づけることでもしもの時の対応が変わってきます。常日頃から鋭い観察力を身につける練習をしていくことが大切です。

看護師は体力・タフな精神力も欠かせません。規則正しい時間での勤務ではないこの仕事では体調管理が欠かせません。さらに、残業もしばしば発生してしまうこともあるので長時間でも元気に働ける体力も必要です。

医療の現場において、人が死亡してしまうということは避けられません。そのような状況からも立ち直れる強いメンタルも必要になってきます。また、医学の知識、看護に知識を深めていこうとする向上心も必要です。

医師のサポート、患者のケアをしていくだけで時間が経ってしまいますが、看護の知識をさらに深めていこうと学んでいくことは自信のスキルアップ、キャリアアップだけでなく患者のためにもなるとても重要なことです。

看護師を目指した理由を思い出してみる

看護師になったはいいけど、きつい仕事だし責任重大!拘束時間も長いし、ストレスが溜まる一方。そんなときに、どうして看護師になろうと志したのかをもう一度考えてみると、同じ現実でも違う側面が見えてくることもあります。数人の方の看護師を目指した理由を見てみることにしましょう。

医療関係の家系だったから

将来の仕事、どのように決めましたか。なりたかった職業に就けた人もいれば、なりたくない職業について頑張っている人もいるでしょう。看護師の職業は、ほとんどがその仕事に憧れてなろうとする人です。

しかし中には母親が看護師だったり、父親が医師であったり家族や親戚が医療関係の仕事をしていると、自然とそのような進路に就こうと思う人もいます。親や家族がそのような職業だとどのような仕事をしているかもわかるし、その大変さややりがいも身近に知ることができるからかもしれません。

また、医療関係に従事している家計はとても貧しい環境ではないことがほとんどです。早く自立したくてそうなる人もいるでしょう。なんの迷いもなく自分自身も医療に携わる仕事を志すようになるのかもしれません。

また、家族が看護師や医師だと相談もしやすい環境なので何か困ったことがあればきくことが出来アドバイスやヒントももらうことが出来るのも特権です。また家族が病院勤務だと病院に行ったりすることもあるでしょう。病院に対する抵抗がその分なくなったり病院を日頃からみているからこそ感じたり、思うことが出てくるでしょう。

それを改善しよう、自分だったらこういう風にしたいということも出てくるかもしれません。医療関係の家系だからこそ、無理矢理医療の道を選択する人もいます。その仕事に就く理由は十人いれば十通りの理由があるでしょう。医療関係の家系だからこそ志すというのも立派な理由の一つです。

手に職をつけたかった

いつリストラされるかわからないこのご時世において、手に職をつけようと思う人は少なくはありません。人員削減やクビと何がいつ起こるか予測できないからこそもしもの為に自分の身を守る武器はあった方がよいでしょう。

手に職というと、美容師や弁護士、会計士に、医師、大工など様々ありますがその中に看護師という職業も含むことが出来るでしょう。国家試験を受けて合格したものだけがなることができる看護師は今も昔も人気の高い職業に一つです。

以前は女性の仕事というイメージの強かった職業ですが、看護婦から看護師という名称に変わり女性だけでなく男性の看護師も珍しくないようになりました。

手に職をつけると、どんないいことがありますか。一般企業での就職は特別な資格がなくても面接で合格すると働くことが出来ます。しかし、資格を有する職業はその資格を持っていないと面接する権利も与えられません。

また、手に職があると、たとえ一度その仕事から離れていても復帰することが出来やすい傾向にあります。看護師も結婚や出産、引っ越しなどで職場を変えなくてはならなくなったり、離職しなければならなくなったとしてもその資格があると、職場は変わっても基本的に行うことは同じなので、たとえブランクがあってももう一度働くことが出来ます。

また、手に職があると安定した生活を営みやすくなります。看護師になりたい理由はそれぞれかもしれませんが需要のある職業で続けやすい看護師の仕事は看護師をこころざす理由の一つになるでしょう。

小さい頃、看護師の方にお世話になったから

人間は人にしてもらったことはなかなか忘れにくい生き物だと思います。また、自分にしてもらったことは人にもしてあげたくなるようにもできています。

「小さい頃、入院していたときにいつも優しい看護師さんにお世話をしてもらい退院するときも笑顔で見送ってくれた。」というような経験がある人が看護師を志すのはなんの不思議もありません。

自分の入院体験だけでなく、家族が入院していたときに優しく励ましてくれたり、一緒に遊んでくれたりした看護師さんの存在は大きくなって将来を考えるようになった頃自分もあの看護師さんのようになりたいと思うようになったりもします。

仕事は人生の中でその大半を占める行為です。何をするかによってその人の人生も左右されることでしょう。看護師の仕事は人の命を左右するので責任も大きいと思いますが、一方で救えた喜びはそれ以上に大きいものです。

ありがとうの言葉が大変な時も笑顔で続けられる元気の源になるでしょう。看護師は患者のケアをする仕事であり、医師のサポートをする仕事です。世話をするといってもその人に合わせたケアをしていくことは簡単なことではありません。

それでも病院の中で患者と最も多く接する機会のある看護師に憧れて将来を考える人は自分が看護師になったときもそのような存在になろうとするでしょう。そのようにして看護師を志す人は絶えず生まれてくることでしょう。人にされたことは今度は自分がしてあげる番です。

関連記事

いじめ、嫌がらせ、馴染めない!看護師の職場問題は転職サイトで解決【給料アップも】

都道府県別の看護師求人の状況は?