便秘解消、腸内環境改善にいいオリゴ糖だけど太るんじゃないの?

生活・健康

オリゴ糖は砂糖ほどではないにしても、糖に変わりはありません。これ以上太りたくない、ダイエット中なのに…という方はオリゴ糖を使って便秘解消するというのには抵抗があるかもしれませんね。

甘いオリゴ糖で太ってしまうことはないのでしょうか?もし、太ってしまうならちょっと食べたくないですよね。しかし、オリゴ糖で太るということはないのでご安心ください♪

オリゴ糖は太りにくいんです!

一番なじみのある糖の砂糖と比べると、そのカロリーは50%くらいしかありません。しかも、その50%のカロリーよりも実際は少ないといわれています。それは、砂糖に比べると吸収が悪いのでそのまま体外へ排出されてしまうからなんです。

ダイエットや糖尿病を気にする人には、特にありがたい存在なんです。カロリーを抑えたいという方用に人工甘味料がありますが、人工なのでできれば避けたいところです。

オリゴ糖は自然の植物から作られています。市販のオリゴ糖に関しては一部、添加物なども入っていることがあるので避けた方がいいでしょう。

痩せたいという時の便秘解消やダイエット中に甘いものが食べたいとストレス感じた時にもちょっぴり甘いオリゴ糖入りの飲み物、食べ物を取ることでストレスも軽減できますよ。そう考えると太りにくいではないくて、ダイエットしている時には逆におすすめできるものですね。

オリゴ糖の便秘解消への効果

オリゴ糖の効果、効能として1番知られているのがこの便秘解消の効果です。オリゴ糖は難消化性(消化されにくい)で、しっかりと腸まで届くことができます。

腸まで届いたオリゴ糖はそこでビフィズス菌のエサになります。その過程で腸に蠕動運動が活発になる乳酸などが生産されます。蠕動運動が活発になってくると自然と便秘が解消されやすくなっていくのです。

さらに、ビフィズス菌のエサになる過程で増える乳酸などの有機酸が、腸内で増えてくると便秘の原因になる悪玉菌は増えにくくなります。ダブルの便秘解消効果が期待できます。

オリゴ糖の効能と効果

オリゴ糖は砂糖の半分程度しかカロリーがありません。しかも、吸収率がよくないので実際のカロリーはもっと少ないために糖分を控えている人やダイエット中に最適のものです。健康、美容への効果として、便秘解消、虫歯予防などもあげられます。

便秘解消

オリゴ糖が一番よく利用されていると思われるのが便秘解消のためです。オリゴ糖は腸内環境を整える作用があります。便秘にならないように働いてくれる善玉菌(ビフィズス菌ほか)によって、オリゴ糖はエサになります。

オリゴ糖を体内に取り入れる、食べることによって腸で善玉菌が増えていきます。便秘を治すことで腸の病気を予防できるほか、いろいろな健康的なメリットがありますよね。

虫歯予防

砂糖を食べてそのままにしておくと虫歯の原因になってしまいますが、オリゴ糖の場合は、虫歯菌が増えるのを抑える働きがあることが分かっています。

虫歯になりやすい人はオリゴ糖を砂糖代わりにするといいでしょう。また、虫歯にならないようにと、最近は子供のおやつ作りなどでも活用されているそうです。熱に強いので料理にも使うことができます。

上記以外では便秘が解消されることで肌がきれいになる美肌効果もあります。また、過敏性腸症候群(IBS)、高コレステロールなどにも効果があるとされています。腸内環境が整うことで、免疫力のアップ(風邪予防ほか)も期待できます。

オリゴ糖が多い食品ってなに?

オリゴ糖をたくさん含んでいる食品で代表的なものは、

ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニク、トウモロコシ、アスパラガス、ごぼう、てん菜(甜菜大根、砂糖大根)、大豆、バナナ

などがあげられます。

かなり身近な野菜が多いので、積極的に食べていきたいですね。とくにジャガイモ、玉ねぎは毎日でも食べられますし、食物繊維も一緒にとれるので便秘解消には効果的といえます。

オリゴ糖は上記の野菜などに普通に含まれています。それが、便秘解消に効果が発揮できるほどの量か?というとかなり足りない感はありますよね。

これらの野菜の中に含まれている糖分が全部オリゴ糖というわけではありません。含まれている糖分のごく一部だけなのです。

赤ちゃん、幼児の便秘解消に!

小さい子供や赤ちゃんでも、便秘がちの場合があります。大人のように薬を飲めないのでつらいですよね。とくに、トイレトレーニング中などだと、お腹が痛くなるのでトイレが嫌いになってしまう子供さんもいます。

オリゴ糖を使った便秘解消方法なら、嫌がるをの無理に薬を飲ませたりしなくても、毎日の飲み物や料理にちょっと入れてあげるだけでOK!辛い便秘からお母さんが守ってあげましょう。

赤ちゃんの便秘薬として有名なのは和光堂のマルツエキス スティック等がありますができればお薬を使わずに便秘を解消してあげたいですよね。

赤ちゃんの便秘の場合は、粉ミルクを飲ませているなら違うメーカーに変えてみるということもおすすめの方法です。メーカーによってなぜか体質に合わずに便秘になってしまう赤ちゃんもいるのです。

オリゴ糖なら砂糖ほど甘くないし、歯が生え始めていても虫歯の心配もないのでGOODです。

市販の「オリゴのおかげ」はどう?

しっかりと毎日、便秘に効果が出るほどのオリゴ糖を摂るなら商品化されているものがおすすめです。その方が目に見えて摂取量が分かりますからね。

有名な商品で手に入りやすいものといえば、「オリゴのおかげ」があります。この商品の原材料は「牛乳に含まれる乳糖」「天然のサトウキビに含まれるショ糖」だそうです。ショ糖(砂糖)というのはちょっと意外でしたね。

主成分は乳糖果糖オリゴ糖だそうです。オリゴ糖だけよりもちょっとカロリーが高そうに見えますね。同じ分量を飲んだり食べたりしても、オリゴ糖の効能を得たいならパウダー状のオリゴ糖100%のものがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました